「レビー小体型認知症は幻視が見えるのが特徴らしいよ!!」の巻 2019/7/12

 

こんにちは、アフィリエイトBBAです。

 

実家の母が幻視が見えると言い出してから約10日ほど経ちました。

 

(本人に聞いたところ、実際に見え始めたのは数年前からだったそう)

 

この間、私は実家に一カ月滞在するための準備を整えて新潟からレンタカーの軽自動車でトコトコ移動しました。

 

実家に着くと荒れた家の中を片付けたり、認知症専門病院を母を連れて受診したり、ケアマネさんと会ったり・・・・・

 

(庭なんて草ボーボーです)

 

家族が認知症になるとホントに大変・・・とは聞いていたけれど、実際に自分の身に起こってみると想像以上のキツさにビックリしてます。

 

認知症専門医は受診したものの、本格的な検査はこれからです。

 

病院に行ったからと言って、すぐに検査してもらえるワケじゃないんですね。

 

検査日を予約して何回か行かなければなりません。

 

母がこれからする検査はMRIとSPECTというものだそう。

 

ドクターは「現時点では、レビー小体型認知症の可能性があります」・・・と言ってました。

 

認知症というと、物忘れをまっさきに思い浮かべますよね?

 

ご飯を食べたことを忘れちゃうとか、自分の名前や家がわからなくなっちゃうとか・・・

 

レビー小体型認知症はちょっと違っていて、比較的言ってることはハッキリしてます。

 

こちらの言うことも理解できるし、会話も成り立つし。

 

最大の特徴は幻視。

 

しかも相当ハッキリと見えるらしく。

 

うちの母は、

 

・誰かが家を覗いている
・家の中に着物姿の小さい女の子がいる
・家の中をたくさんの人が行ったり来たりしている
・ヘビがたくさん床の上で動いている
・虫が家にたくさんいる
・飲み物の中から魚が湧いて、だんだん大きくなる
・食べ物の中から虫が出てくる

 

が見えるみたい。

 

おまけに、それらは全部悪意があり、実家を乗っ取りに来ている一味なのだとか。

 

母は消毒液で一匹ずつ退治してます。

 

だから、家の中はごみ袋やティッシュ、除菌グッズだらけ。

 

妹に毎日除菌グッズを買ってきてくれるよう頼んでます。

 

幻視は夕方から夜にかけてひどくなるみたい

 

一晩中虫やヘビと戦っていたこともありました。

 

私にも

 

「手を洗え」とか「アルコールで消毒するように」とかしつこく何度も言ってきます。

 

幻視がハッキリ見えるので、本人は現実に起きていることだと信じて疑いません。

 

ただ、専門医を受診した時に、ドクターが

 

「これは病気が原因で見えているだけだから、心配しなくて大丈夫。

 

飲み物や食べ物の中に見えたとしても、お腹をこわしたりすることはないから安心してください。」

 

と言ってくださってからは、少し落ち着きました。

 

なので、私もこうして空き時間にブログを書いていられます。

 

レビー小体型認知症が検査でハッキリするとアリセプトという薬での治療が始まります。

 

そうすると、幻視がおさまるらしいです。

 

ドクターは個人差があるので効くかどうかは何とも言えない・・・と言ってましたが・・・

 

少しでも幻視が減れば良いな・・・と思います。

 

認知症にはいくつかの型があることも初めて知りました。

 

専門医の待合でも、母と同じような様子の方を見かけました。

 

今まで認知症は遠い世界のこと・・・なんて思っていたけど、まさか自分自身の家族に起こるなんて想像もしていませんでした。

 

これから先のことを考えると、気が重くなりますがひとつづつ乗り越えていくしかないですね。

 

母のレビー小体認知症については、また続きをご報告したいと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


※アフィBBAメルマガ配信始めました(*^-^*)

アフィリエイトを始め、ネットビジネスの中で実際に体験した困りごとや疑問点、失敗談や気づきなど、私、56歳のアフィリエイトBBAの生の声を毎週月曜日の夜19時30分にお届けしています。


どうぞお気軽にご登録ください。


↓ ↓ ↓





 


サイトトップへ


トップへ戻る