「鹿島神宮・香取神宮・息栖神社へお詣りに行ったよ」の巻

「鹿島神宮・香取神宮・息栖神社へお詣りに行ったよ」の巻

「鹿島神宮・香取神宮・息栖神社にお詣りに行ったよ!]の巻 2018/6/3

 

ハロー、BBAです。

 

昨日(2018年6月2日)、東国三社、鹿島神宮・香取神宮・息栖神社にお詣りに行ってきました。

 

上の写真は鹿島神宮です。

 

「東国三社とは?」 〜鹿島神宮・香取神宮・息栖神社〜

 

三社はいずれも関東地方東部の利根川下流域に鎮座する神社である。古代、この付近には「香取海(かとりのうみ)」という内海が広がっていた。

 

これら三社の鎮座位置はその入り口にあたり、うち鹿島社・香取社は大和朝廷の東国開拓の拠点として機能したと推測される。

 

また、三社はいずれも『古事記』『日本書紀』における葦原中国平定に関する神を祀っている。

 

江戸時代には下三宮参り」と称して、関東以北の人々が伊勢神宮参拝後にこれら三社を巡拝する慣習が存在したという。

 

ウイキペディアより

 

御朱印を集めているダンナの影響でBBAもGWに鹿島神宮に出かけて御朱印帳をゲットしました。→「GWBBA!!鹿島神宮に参拝して来ました」の巻

 

初めて鹿島神宮にお詣りに行ったBBAは、鹿島神宮の清々しい空気にすっかり魅了されてしまいました。

 

昨日は天気も良かったので、梅雨に入る前にお詣りに出かけることになりました。

 

息栖神社→鹿島神宮→香取神宮の順番でお詣りさせていただました。

 

東国三社を巡る順番には、特に決まりはないそうです。

 

息栖神社

 

息栖神社の一の鳥居は利根川沿いにある水路にあります。

 

息栖神社と利根川

 

利根川、めちゃめちゃ大きい川です。

 

息栖神社一の鳥居

 

利根川方向から息栖神社の一の鳥居を眺めると、↑こんな感じです。

 

鳥居の奥のほうに二の鳥居が見えます。

 

江戸時代には、江戸から船で息栖神社まで参拝に来る人でとても賑わっていたそうです。

 

そのため利根川からの水門や船着き場が作られたそうです。

 

その船着き場にあるのが、息栖神社一の鳥居です。

 

息栖神社河岸看板

 

↑息栖神社と利根川の関係について詳しく書かれている看板です。

 

一の鳥居のところにあります。

 

また、一の鳥居には「忍潮井」=「おしおい」という湧き水があって、江戸の頃には大変人気があったそうです。

 

息栖神社忍潮井看板

↑「忍潮井」についての説明が書かれています。

 

「忍潮井」です。↓鯉が気持ちよさそうに泳いでいます。

 

伊勢の明星井、伏見の直井とともに日本三霊水のひとつだそうです。

 

息栖神社おしおい

 

息栖神社にお詣りする機会があったら、駐車場に車を止めてぜひ、一の鳥居に行ってみてください。

 

広々とした利根川からの風がとても心地よく、江戸時代に賑わっていた雰囲気の名残を感じます。

 

一の鳥居周辺をじっくりお詣りした後は、いよいよ息栖神社の本殿へと向かいました。

 

↓息栖神社二の鳥居

 

息栖神社二の鳥居

 

一礼して息栖神社の鳥居をくぐると、心地よい木陰が広がっています。

 

息栖神社の大門

 

再び一礼して門をくぐり・・・

 

息栖神社お清め

 

お詣りする前のお清めをします。

 

お水が流れてくるところが龍になっていて、とても可愛らしいです。

 

息栖神社力石

 

参道を本殿に向かって進むと、左手に「力石」がお祀りされています。

 

息栖神社御神木

 

↑息栖神社の御神木です。

 

お隣の木と夫婦木のようです。

 

息栖神社茅の輪

 

昨日(6月2日)は参道に輪が作られていて、その輪をくぐってから本殿へのお詣りをするように導かれていました。

 

この輪は「茅の輪」=「ちのわ」といって、六月のこの時期限定のお清めのようです。

 

立て看板には「茅の輪をくぐって祓い清め、健康な心身を授かりましょう。”水無月の夏越の祓いする人は、千歳の命延ぶというなり”」とありました。

 

季節の大きな変わり目のこの時期に、お詣りをきちんとして心を整えることが身体の健康につながり、厳しい夏を健やかに乗り越えられる・・・ということですね。

 

くぐりかたも独特で、八の字に輪をくぐるというものでした。

 

お詣りさせていただいてから、御朱印をいただきました。

 

息栖神社御朱印

 

とても良い気をいただいて、鹿島神宮・香取神宮へと向かいました。

 

鹿島神宮と香取神宮については、また次回の記事で書きたいと思います。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

息栖神社の詳細は下記の公式ページからご覧いただけます。

 

 


石田塾(ネットビジネスオンライン個別指導塾)に関するお問合せ


このサイトではネットビジネスをオンライン個別コンサル付きで学べる石田塾に関する新しい情報を、常に更新しています。

石田塾は、2020年4月よりこれまでの期間限定入塾システムから、いつでも入塾可能な完全オンライン個別指導塾に生まれ変わりました。

石田塾では、大々的な広告宣伝をおこなっていません。

なのであなたが石田塾に関する情報をお探しでしたら、最新の石田塾関連情報を配信している当サイトのブックマークをおすすめします!!

また、石田塾への入塾相談や石田塾関連のご質問・ご相談も随時受け付けておりますので、こちらからいつでも何度でもお気軽にお問合せください。

石田塾卒業生として、できる限りのサポートをさせていただきます。

↓ ↓ ↓




お待ちしています(*^-^*)

※石田塾に関して、これまで塾の募集期間中には、多数の入塾相談等のメールをいただいています。ネットビジネスに対する気持ちが真剣であればあるほど悩んでしまうのは、当然の事。

ましてや、大切なお金と時間を先行投資して石田塾で学ぼうとするのですから、不安や心配が募るのは当たり前です。

私自身も9期入塾時にはとってもとっても迷い悩みました。なので、思い悩むお気持ちは、決して他人事ごとは思えません。

「こんなこと聞いたりして大丈夫かしら?」と思うような些細なことでも、ご遠慮なくお問合せください。

心にモヤモヤを抱えたまま、お一人で悶々としていても何も解決しませんし、ただただ時間が過ぎていってしまうだけです!!

それに、私は56歳の一般人ですから、近所のおばちゃんに話すようなつもりで気楽にお声かけください。

私自身の石田塾体験やこれまでのネットビジネス経験を通して、嘘偽りのない正直なところを精一杯お応えさせていただきます。

【今までに受けたご相談の例】

◆家族の介護をしながらでも、石田塾で勉強できますか?
◆すでに定年を迎えていますが、これからでは年齢的に遅すぎますか?
◆PC初心者ですが、塾のペースに付いていけるでしょうか?

※メールフォームのお名前はハンドルネームでも大丈夫です!!
返信は24時間以内にさせていただきます。


\ネットで稼ぐすべての方法を学べる石田塾/

コロナ禍経済ショックに備え"家で稼ごう!!"

不安定な世の中で大切な人を守るために自力で稼ぐ

〜通学不要!!国内外を問わずどこからでもオンラインで学べる個別指導塾〜



 


※アフィBBAメルマガ配信始めました(*^-^*)

アフィリエイトを始め、ネットビジネスの中で実際に体験した困りごとや疑問点、失敗談や気づきなど、私、56歳のアフィリエイトBBAの生の声を毎週月曜日の夜19時30分にお届けしています。


どうぞお気軽にご登録ください。


↓ ↓ ↓





 


サイトトップへ


トップへ戻る